株式投資ブログをのぞくと多くの個人投資家に共通する部分があります。だれもが知っているような巨大企業に投資をするのではなく、ほとんど知名度のないような、超小型株に投資しているということです。超小型株というのは基本的に小さな会社なので、少しの資金がその銘柄に入るだけで株価が上がりやすいという特徴があります。

「この株価の上がりやすさ。」言い換えるのならば値動きの軽さを利用して多くの個人投資家は利益を得ているのです。

しかし、機関投資家は基本的に時価総額の小さな流動性に乏しい銘柄は購入を控える傾向にあります。ですから、基本的にこのような銘柄は投資のプロが入っていないことが多いのです。

投資のプロが株価を分析して割安だとか割高だとかを考えていない企業の株価はどうしても割安に放置されることがほとんどなので、多くの個人投資家が証券会社のスクーリング機能を利用して割安株を探した時に超小型株がヒットしやすくなる傾向があります。キレイモ 脱毛 効果