日雇いの派遣にいってきました。なんでも法律が変わって今は「日々紹介」と呼ぶそうです。登録して希望すると紹介してもらえるだけ、実際に働けるかは当日行ってみてからしか分からないシステム。本当にその日だけちょっと働いてみようかなって人の為のアルバイトですね。お金に困ってない人向け。

行ってみた職種は、倉庫での作業を一日と、食品工場での作業を一日でした。
試しに行ってみたレベルの話ですし、ベテランの方のように為になる話は特に無いと思うのですが、結構面白かったので感想です。
当たり前ですが、お仕事で知ったことは言わないことが契約ですから本当にただの感想です。

一言で言うと、面白かったです。社会勉強にもなりました。
日雇いで行かなければまず触れることは無いだろうと思う職種でしたので、途中から工場見学みたいな気持ちになってきて、お仕事や会社になんだか興味が湧いてきました。今なにやってるんだろう、これは何になるんだろう、って。
次に、もう一度自分が来たいかどうかを考えていたのが面白かったです。これはふつうのアルバイトではまず考えないことなので、それを考えてものを見ている自分が新鮮でした。
最後に、お給料が気になってしょうがない自分が居たのも気づきました。シフトで入るアルバイトだと、だいたい一ヶ月のお給料は見込みが分かっているから割りと受動的なんですが、この日雇いでは働いた分だけきっちりだし場所によって振込み日が違うので“今日働いた分はいくらで何日に振り込まれる”っていうのがそれぞれの日に起こるんですよね。そのややこしさも相まってなんだか仕事中に凄くお金が気になる二日間でした。
「これで時給○○円か〜」とか「今日一日で○○円か〜」とか。

こうして文章にしてみると、かなり軽い気持ちでお給料をさらっていく感が漂っていますね。日雇いなんてと言われる所以でしょうか。
本当はどんな仕事が面白かったとか大変だったとかも書きたいですけど、ほら書いちゃいけない契約ですからね。
ちゃんとしっかりと働かせて頂きまして、翌日は筋肉痛で全身ガチガチでしたから、舐めた感想垂れ流してても許してくださいませ。http://pmpmedios.com/taiken-kaunseringu.html