「さすがに言い方、きつ過ぎ去るよ。いよいよなんだから出来なくて案の定だろ」
 とうとう無感覚を切らしたN・Hが熱気気味のスパルタ教授を施しておるN・Mを結末に加わる。
「様は音痴ですなぁ。ほぼ、このままだとキリが無いから、ひと度耕すのは止めてS・K様だけ別の手続をやって貰おう」
 その場に座り込んでしまったS・Kを尻目に、N・Mはキャラバンの荷台の中に入っていたシャベルを仕向けるとS・Kの目の前で土壌に突き刺した。
「S・K様は近年、コレを使ってあの木の横あたりに深さ3mぐらいの穴を掘ってくれ」
 急変しすぎのN・Mを目の当たりにして、門下生らは割り引きがちで手続を続けていた。
「健二ー。踏ん張れよー」
 やや遠くからまず腕を止めてN・TがS・Kに檄を飛ばしておる。S・Kは興味をあわせずに、無表情の通り拳をこちらに向けて突き出すと、N・Mの突き刺したシャベルを畑の中からたくましく引っこ抜き、ゆっくりとだが心強い機動で木の根元へと向かって行った。あのゾーンは根が張っていて土が固いので掘るのは一苦労かもしれないが、例えいっときであってもN・Mの罵倒に耐え抜いた今の我慢強いS・Kならいよいよできるかもしれないとあたしは密かに期待して仕舞う。