私がいつも愛用しているドライヤーが今にも壊れそうな状態になっています。このドライヤーは3ヶ月前に買ったばかりの新品なのに、買った当初から不具合が起きていました。
ドライヤーの持ち手がまず外れたことから始まって、部品のかけらがポロポロと千切れていきました。そして今はブラシ部分が丸ごと外れそうになっています。特に乱暴な扱い方はしていないのになぜこうなるのかわかりません。ドライヤー自体が熱に弱い、それとも不良品だったのか色々と理由を自分なりに考えてみたのですが、やはり不明です。
ドライヤーのデザインが赤茶色の渋味を出してなかなか格好良く店頭でも目立っており、しかも3000円弱という安価で売られていましたので、これはお得だと思って飛びついたのです。
外見上は何の問題もありませんでした。けれども世の中美味しい話は転がっていないようですね。安いのにはそれなりの理由があったと今になって気付かされました。
また、大手の電機屋で買ったからといって、どの商品も信用できるわけではないということも知りました。
ドライヤーを今度購入する時は、美味しい条件につられて不良品を掴まないように、充分吟味して選ぼうと思っています。アリシアクリニック スムース